クリップ

NPO法人みらいと

2016.08.25

2011年、東日本大震災により、甚大な被害を受けた新地町。

自分達の暮らす地域にしっかりと関心を持ち、「自分達の町は自分達でつくっていく」との想いで設立。

「震災からの復興や地域の活性化、次世代へ残す子ども達に誇れる未来を」を念頭に活動している。

コミュニティクリエイト、地域振興、都市環境の3事業部で構成され、これまでに駅前にぎわいづくりの為のワークショップなどを中心とした「新地駅前プロジェクト」や、地域の大人と子どものつながりを深めたり、昔遊びなどを経験して1日を過ごす「こども座禅会」、子ども達の農業体験を通じた心の復興事業「キッズ耕せプロジェクト」、被災高齢者共同住宅の見廻り事業などなど...その他にも幅広く活動を行っている。

NPOみらいとホームペー

20160721171130みらいと.jpg