クリップ

1/17〜18 駒小:西川さん帰国報告会

2017.01.19

駒ヶ嶺小学校では、1/17〜18の2日間、自転車冒険家 西川昌徳さんの帰国報告会と交流授業が行われました。

170117_nishikawa01.jpg〔写真〕1/17 帰国報告会(写真提供:西川昌徳氏)

今回は、約6ヶ月にわたり北米大陸を縦断。カナダではスタート直後にアメリカへの入国審査で止められ(法改正で過去にイランの渡航歴があると査証が必要だったのだが...)、旅が始まってからも川の増水で流されそうになったり、強盗にあったりとハプニングづくしの旅だったそうです。(旅の様子は 西川昌徳さんのFacebook をご覧ください。)

 

西川さんは、そんな波乱含みの旅の途中でも、10回以上もSkypeで駒小と現地を結び、子どもたちとの学びを続けてきました。子どもたちは、西川さんを通じて外国に暮らす人々と交流したり、海外の様子を学んだりしています。授業以外にも、駒小には"西川さん係"というのがあり、朝や業間、夏休みにミーティングを重ねていました。

170118_nishikawa02.jpg〔写真〕1/18 4時間目:6年生とSkype交流授業のふりかえり

18日に行われた6年生の授業では、子どもたちが印象に残った出来事や人(多くの方と西川さんを通じて出会いました)、感想などをふりかえりました。

西川さん自身も、今回は「世界の素晴らしさ、人との出会いの素晴らしさ」だけではなく、ハプニングのなかで「子どもたちが応援してくれている、いろいろ考えてくれている」と駒小のみんなのことを思っていたそうです。子どもたちには、感謝とともに「人のことを応援できる人は、応援してもらえる人になれるんだよ」と話していたのが印象的でした。

 

西川昌徳 Facebook|2017/01/18「君たちが僕に勇気をくれたんだ」

駒ケ嶺小学校webサイト|地球のとびら(西川さん)

 

なお、新地小でも1/17に特別授業が行われました。その様子は、新地小ブログでご覧ください。

新地小ブログ|2017/01/17 自転車旅人西川さんの特別授業

 


2012年から始まった自転車冒険旅のSkype交流授業(交流授業)も、はや5年。西川さんが災害ボランティアセンターで活動していた縁で始まった授業なので、新地との縁は6年になります。(新地のボラセンで活動するきっかけとなった方々はもっと長いですね)現在、町民有志により保護者など大人向けの報告会を企画中とのこと。先生方や子どもたちも、まだまだ続けていきたいそうですので、来年度もこの交流授業(西川さんとアースライド)が継続されることを願っています。

  


< 東京でトークイベント開催 >

旅する理由vol.1「リアカーを押して世界を旅するライフセーバー&日本の教室と世界を繋ぐサイクリスト」

日時:1月20日(金) 19:00〜22:00
会場:BETTARA STAND 日本橋(東京都中央区日本橋本町3-10-1)

※ 詳細は、主催者(BETTARA STAND 日本橋)Facebookページ にてご確認ください。