クリップ

3/23 小学校卒業式

2017.03.24

3月23日(木)、町内3小学校で「修・卒業式」が行われました。

今回卒業する子どもたちは、東日本大震災が発生した年に小学校へ入学した子どもたち。震災で、町外から避難してきて、そのまま新地の小学校に通っている子もいます。震災時は、新地でも、保育所の満了式がままならず、小学校入学式も数日遅れた上に、避難所となっていた体育館を使って行われていました。町内では、住宅再建が進み、JR常磐線新地駅も再開しましたが、そう思うと、6年という歳月はとても長く、貴重なものですね。

卒後は、多くが尚英中に進みますが、町外へ進学する子や避難元の地区の学校へ進む子などがいるそうです。新地の小学校での生活が、故郷の良い思い出になっているといいなぁ。

 
今日3/24には、尚英中の入学予定者へのオリエンテーションがありました。これからの3年、素敵な中学校生活となることを祈ってます。ますます変わっていく新地町の未来を創っていってくださいね。

170323_syou01.jpg【写真】新地小学校

170323_syou03.jpg【写真】駒ヶ嶺小学校では、それぞれ将来の夢を発表してから卒業証書をいただきます。

170323_syou04.jpg【写真】駒ケ嶺小学校:みんなでパチリ。教室の黒板には贈る言葉が。

170323_syou05.jpg【写真】福田小学校

福田小学校については、福田小ブログをご覧ください。昨日3/23、さっそくupされてます。(さすがは教頭先生。町内小学校随一のデジタル派)

 > 平成28年度修・卒業証書授与式 
 > 卒業生お見送り

 

170323_syou02.jpg

また、午後から各校とも父母の会が主催する謝恩会などが行われます。新地小学校では、震災時の慌ただしいなかで卒園・入学を行った子どもたちのために宮城の支援グループが朝から食事を作ってくださいました。ありがとうございます。これからも、新地をよろしくお願いいたします。

 

なお、「修・卒業式」という名称ですが、新地では、在校生に代表授与で修了証書を渡しています。以前は、通知表の後ろの方に記載されていたそうですが、昨年度から証書になり、卒業式の後または中で渡しています。1年1年しっかりと心に刻みつけていくにはいいのかもしれませんね。