クリップ

曹洞宗 法輪寺

ほうりんじ
2015.03.01

言い伝えでは、天正19年(1591)、仙台の五峯山松音寺の堅貞(けんてい)和尚が瑞川寺(今の宮城県大崎市にあったお寺)の境内に"法輪院"として開山したのが始まりで、後に今の場所に移されたとされます。創建から100年ほどが経つと、お寺の後援者がおらず荒廃してしまいましたが、宝永4年(1707年)、当時の駒ヶ嶺城主であった富塚重長が私財を投じて再興しました。

20151110115923法輪寺.jpg

曹洞宗 法輪寺
住所
新地町駒ヶ嶺西久保58
TEL
0244-62-3030